介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 仕事全般 > 必ず報告する「ヒヤリ・ハット」って?

仕事全般

必ず報告する「ヒヤリ・ハット」って?

「ヒヤリ・ハット」とは、事故にまではならなかったものの、ちょっとしたミスや「ヒヤリ」としたこと「ハッ」としたことなどを表します。大きな事故が1件起これば、その背景には小さな事故が29件、ヒヤリ・ハットが300件おきているという「1:29:300」のハインリッヒの法則というものがあります。このように、たくさんのヒヤリ・ハットのつみかさねが事故につながっていくわけです。

介護事故を防ぐためには、このヒヤリ・ハットを共有することが必要です。ヒヤリ・ハットの記録をもとにどうすれば事故につながらないか考え、話し合う場を設けましょう。事故につながらなかったからまあいいかではなくて、ちょっとしたことでも必ず報告して、事故防止に努めて下さい。