介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 介護の最新情報 > 「働きながら資格を取る」介護雇用プログラム

介護の最新情報

「働きながら資格を取る」介護雇用プログラム

求職者が介護施設で働きながら、ホームヘルパー2級や介護福祉士の資格が取得できる介護雇用プログラムが創設されました。講座の受講費用や介護施設からでる給料は自治体が負担することになっています。講座や実習のない日は施設で働きますが、働いている日だけでなく、養成機関で受講の日や実習の日も給料がでます。これにより介護未経験者でも実務経験と資格を同時に得ることが可能です。

この取り組みは地方自治体によって実施されていますので、住んでいる自治体が実施しているか知りたい方、詳しく知りたい方は各地方自治体に問い合わせる必要があります。資格習得後も、継続して同じ施設で働いている方もいらっしゃるようです。