介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > からだ > カラダをいたわる「ボディメカニクス」を勉強しよう!

からだ

カラダをいたわる「ボディメカニクス」を勉強しよう!

骨や筋肉や関節などの関係を利用した介護技術のことをボディメカニクスといいます。ボディメカニクスのポイントは、以下の6つです。

・対象者のからだを小さくまとめる(腕を胸の上に組ませるなど)
・重心を低く、支持基底面積を広げる(脚を広げる)
・対象者にできるだけ近づく
・動きに合わせて重心を移動させる
・身体全体を使う(腕だけにたよらず、脚の屈伸などを利用する)
・持ち上げずに水平に移動させる

介助をするときにこのポイントを意識することで余分なエネルギーを使わず、肩や腰の負担を軽減することができます。また、利用者の苦痛や不安も和らげることができます。