介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > こころのケア・コミュニケーション > 「オープンクエスチョン」と「クローズドクエスチョン」って何?

こころのケア・コミュニケーション

「オープンクエスチョン」と「クローズドクエスチョン」って何?

質問の仕方は、大きく2つに分類されます。まず「どう思うか」など、答え方がいろいろとある質問の仕方をオープンクエスチョンといいます。反対に「はい・いいえ」で答えられる質問や、「AとBどちらがいいか」などの答えが限定される質問の仕方をクローズドクエスチョンといいます。

話を広げたいときや相手の気持ちなどを引き出すときには、オープンクエスチョンが効果的です。認知証で判断能力などが低下している方へ質問するときなどは、クローズドクエスチョンで答えやすい質問をするとコミュニケーションが上手にとれるでしょう。このように2つの質問の仕方を相手や場合によって使い分けましょう。