介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

こころのケア・コミュニケーション

自己決定を尊重しよう

介護者は、利用者さんが自分のことを自分で決めることができるように支援していく必要があります。自分の意思で決めることで主体的に生活でき、それが自立支援へと繋がるからです。

難しい選択はできなくても、小さなことから決めてもらうようにしましょう。なかなか決めることができない利用者さんでも、「この服とあの服どちらがいいか」や「肉と魚どちらがいいか」など選択肢を与えることで、決めてもらいやすくなります。また利用者さんが決めたことを実践できれば、それが喜びにつながり、より主体的に生活にかかわっていけるようになります。