介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 見る・聞く・話す・書く > どのくらい見えてるの?

見る・聞く・話す・書く

どのくらい見えてるの?

加齢によって、人はさまざまな身体的機能が衰えてきます。これは早かれ遅かれ誰にでも起きることですし、どの機能から低下していくかにも個人差があります。

衰えを自覚しやすいのは「視覚」と「聴覚」に代表されますが、特に「視覚」は、平均で60代になると20代の半分程度の視力になるうえ視野狭窄もおきてきます。また、明るさは70代で20代の3.5倍が必要といわれています。さらに70歳では、およそ8割の人が白内障になっているのです。

こちらが見えているからといって、利用者さんも同様と思わないこと。むしろ、「もしかしたら見えていないかもしれない」と考え、行動するようにしましょう。