介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 見る・聞く・話す・書く > 補聴器について知っておくべきこと

見る・聞く・話す・書く

補聴器について知っておくべきこと

加齢による聴覚の衰えは、普段の生活に大きな支障となるだけでなく、危険を感じることができなくなることでもあります。耳の聞こえが悪くなったと感じたら補聴器を利用する人が増えていますが、知っておかなければならないことがあります。
例えば、

・雑音(紙をめくる、他人の咳やくしゃみ、車の走る音など)が必要以上に大きく聞こえる
・雑音の中の、人の言葉を聞き分けられない
・耳の穴が痛くなる
・音のする方向や距離がわからない
と感じる人がいるということです。

補聴器によって聞こえは補われますが、自分にとって不要な音も必要な音と同じように耳に入ってくるのです。ある意味ではストレスということもできるでしょう。