介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 見る・聞く・話す・書く > 言葉遣いのキホンは敬意から

見る・聞く・話す・書く

言葉遣いのキホンは敬意から

「言葉」は、単に意思疎通の手段というだけではありません。言葉使いやその時の表情、声の大小や高低などにより話す人の気持ちが聞く人に伝わるからです。敬意と尊敬の気持ちをこめて「言葉」を発することで、利用者さんもそれを感じ取ってくれるでしょう。

例えば、寝たきりであることや耳が不自由であることなどを理由にしてぞんざいな言葉を使ったり、きつい口調で話したりすることは、その人の尊厳を傷つけることになります。たったひと言の言葉こそ大切にしなければなりません。利用者さんに敬意を持った話し方を常に心がけ、より良いコミュニケーションを図りましょう。