介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 見る・聞く・話す・書く > ADLの把握がもたらすメリット

見る・聞く・話す・書く

ADLの把握がもたらすメリット

利用者さんひとりひとりに最適な介護を提供するためには、各々のADL機能を正確に把握する必要があります。例えば右の耳が聞こえづらいのがわかっていれば、右側から話かけるということはしないはずです。コミュニケーションをスムーズにするためにも、利用者さんが自分でできることや介助が必要な部分、麻痺や拘縮の有無などをあらかじめ頭に入れておくことが大切です。

利用者さんが安心し信頼できる介護は、利用者さんのストレスの軽減につながり安定した状態を保つうえでも意味があります。より良い介護を行うために、利用者さんそれぞれのADL評価を介護者皆が共有することも重要です。