介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

見る・聞く・話す・書く

目線は同じ高さで

介護するときに必要なことは技術だけではありません。確かに、優れた技術は利用者さんへ安心感を与えるでしょう。しかし気持ちのこもった声がけや、介助の際に目線の高さを合わせるなどの配慮が、より一層の信頼感につながります。

自分が利用者さんの立場なら、見下ろされて話かけられるのと同じ目の高さではどちらが良いでしょうか。実際の介護の場では、椅子に座っている人や車いすを利用している人、ベッドに寝ている人などが多いといえます。介護者が利用者さんと目の高さを合わせるには、こちらがかがんだりしゃがんだりする必要があるのです。