介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 就寝・ベッド > 着替えやすい服装とは?

就寝・ベッド

着替えやすい服装とは?

病気などで身体に麻痺があったり拘縮が起きたりしている場合や認知症が進んでいる場合、視力の衰えによって見えにくくなっている場合などは、日常着用する衣服やパジャマを着替えやすいものにすることをお勧めします。

被って着るものより前開きのもの、スナップやボタン留めよりもマジックテープ留めのものが、残存しているADLを使って自分でも脱ぎ着しやすく、介助者も介助しやすいという利点があります。ズボンもウエストがゴムの方が着脱しやすく、排泄介助などが行いやすいといえます。介護される人の衣類も種類が豊富になり、好みのものを選ぶことも楽しみのひとつになるのではないでしょうか。