介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 排泄・おむつ > トイレ誘導のタイミング

排泄・おむつ

トイレ誘導のタイミング

排泄は、人にとって欠くことのできない日常生活動作のひとつです。おむつではなくトイレで排泄することが、その人の尊厳にも関わってきます。排泄介助にあたって大切なのは、表情や行動から尿意や便意を受け止めタイミングよく声がけをしてトイレに誘導することです。排尿パターンを把握することはもちろん、険しい表情あるいは不安な表情、陰部を隠そうとする行動、何度も繰り返し徘徊するなどのことを排泄のサインとして感じ取ることが求められます。

介助者が高齢者ひとりひとりの表情や行動から排泄のシグナルを読み取り、適切な声がけをしてトイレ誘導を行うには普段からよく観察することが大切です。トイレで排泄することが高齢者の自信と生きる意欲へと繋がります。