介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 入浴・お風呂 > シャワーの温度調節を忘れずに

入浴・お風呂

シャワーの温度調節を忘れずに

お風呂に入るときには、たいていシャワーで身体を軽く流します。その時に注意しなければならないのが、シャワーの「温度」です。適温にしてあるはずなのに、ホースに残っていた冷たい水がかかってしまう。あるいは、前に使った人が熱めにしたままになっているようなケースも考えられます。

温度の確認は、特に左右どちらかに麻痺があるときには、的確に温度を感じ取ることができるよう麻痺のない側で行いましょう。シャワーの温度調節を入浴時の習慣にすることで、冷水によるショックや熱いお湯でのやけどといった危険を防止し、快適な入浴を楽しむことができるでしょう。