介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 入浴・お風呂 > 季節の変化で楽しい入浴を

入浴・お風呂

季節の変化で楽しい入浴を

日本には、四季折々の美しい自然と季節ごとに趣のあるお風呂文化があります。お風呂に関して高齢者にとって馴染み深いものとしては、5月端午の節句の菖蒲湯や12月のゆず湯が挙げられるでしょう。それぞれ腰痛や風邪予防の効能があるとされており、高齢の方々には特に喜ばれます。若かりしころの懐かしい話に花が咲くといったこともあり、回想法に役立つという側面も期待できるようです。

その他にも、みかん湯やよもぎ湯、どくだみ湯など、高齢者が好みそうな季節ごとのお湯を用いるのもお風呂を楽しいコミュニケーションの場として有効に活用する手段といえます。普段お風呂に入りたがらない高齢者が、お風呂を楽しむきっかけになるかもしれません。