介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 入浴・お風呂 > 安全な入浴のための補助用具

入浴・お風呂

安全な入浴のための補助用具

入浴タイムを快適かつ安全に過ごしてもらうためには、入浴補助用具を利用するのが良いでしょう。高さがあって座面が大きく背もたれや肘掛のついたシャワーチェアは、介護される方の座位を保つのに有効なだけでなく介護する方も楽な姿勢で介助できます。また浴槽に座って手が届く壁の部分にバスグリップがついていれば、万が一浴槽内で滑って溺れそうになっても身体を支える手がかりになります。

浴槽のふちをつかめば大丈夫と思いがちですが、しっかり握ることができなければ、すばやく、かつスムーズに身体を起こすことができません。入浴タイムをより快適で危険の無いものにするために、介護を受ける方の身体に合った入浴補助用具をとりいれることが有効な手段といえます。