介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 移動・歩く・さんぽ > 腰が曲がっていたら、杖の長さはどうするの?

移動・歩く・さんぽ

腰が曲がっていたら、杖の長さはどうするの?

杖の購入を検討している人の中には、腰の曲がった方もおられるでしょう。腰が曲がっている方の場合、腰の高さや手首の位置で合わせると、杖が長過ぎて使いにくくなってしまいます。腰が曲がっている方の場合の調整方法は、曲がったままの姿勢で長さを決めるとよいでしょう。

具体的には、まず本人が無理なく出来る範囲で、軽く背を伸ばしてもらいます。そのまま腕を下におろし、肘関節を曲げやすいところまで曲げてもらいましょう。その時の手から床までの長さが、本人にとって使いやすいと感じられる最適な杖の長さと言われています。もし重度の腰の曲がりや歩行困難などがある場合は、担当の医師や理学療法士に相談すると良いでしょう。