介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 移動・歩く・さんぽ > ちょうどイイ杖の長さは?

移動・歩く・さんぽ

ちょうどイイ杖の長さは?

自分に合っていない長さの杖を使用することは、肩こりや手首の痛みを引き起こすだけではなく、転倒などの思わぬ事故を招く原因にもつながりかねません。
杖の適正な長さ調整は、握り(グリップ)が腕を垂直におろした時、手首の高さにくるのがベストです。手首の高さとは橈骨茎状突起(とうこつけいじょうとっき)、または尺骨茎状突起(しゃっこるけいじょうとっき)の位置が目安となります。

橈骨茎状突起とは、手首の親指側で骨が少し出っ張っている部分のことです。また尺骨茎状突起とは、手首の小指側で、同じく骨が少し出っ張っている部分を指します。