介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 移動・歩く・さんぽ > 意外と知らない「杖」の種類

移動・歩く・さんぽ

意外と知らない「杖」の種類

1人ひとりに合う歩行補助用具を選択するために、杖の種類について理解しましょう。一般的に使用されているのは「T字杖」です。T字杖は持ち手がTの形となっていて、先端の一点だけが地面につく構造になっています。そのため握力や腕、下肢の筋力があり、比較的歩行状態が安定している人に向くとされている杖です。杖での歩行中は患側のやや後ろ側に付いて、見守り・介助します。

ただしT字杖やステッキ(持ち手がカギ形で一点でつくタイプのもの)は、介護保険の給付対象に含まれていません。自分で購入してもらうこととなりますので、説明の際には注意が必要です。