介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 食べる・飲む > 良い「とろみ剤」の条件とは?

食べる・飲む

良い「とろみ剤」の条件とは?

水やお茶などのさらさらした飲料はもちろん、味噌汁や煮物などにも、「とろみ剤」を混ぜることは飲食をスムーズにします。それによって口の中でまとまり、誤嚥する危険性が低くなるのです。メーカーによって様々な種類のとろみ剤が出ているので、ゼリー食やミキサー食を作る際にいろいろ試してみましょう。料理の味や風味がそこなわれないよう、分量や使用方法を自分なりに研究してみることも大切です。

ほんの少しのとろみ加減が、飲み込みやすさや食べやすさに繋がります。特に「食欲はあるけれど、嚥下機能の低下が原因で十分な量の食事を摂ることができない」という方に、とろみ剤の使用は非常に有効です。