介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 食べる・飲む > 利用者にとって食べやすい食材とは?

食べる・飲む

利用者にとって食べやすい食材とは?

高齢になると、嚥下機能の低下や口腔・食道の機能低下をきたし、飲食物を誤嚥しやすくなることが珍しくありません。誤嚥性肺炎(飲食物が気管の方に流れ込んだことが原因で引き起こされる肺炎)を予防するためにも、高齢者が食べやすい飲食物を選択してあげることが重要となります。

具体的にはマッシュポテトのように「やわらかく、口の中でまとまりやすいもの」の他、「とろみのあるもの(おかゆ、ポタージュスープ、とろろ芋など)」、「プリン・ゼリー状のもの」等が適しています。また冷たいものや温かいものは、嚥下反射をよくする働きを持っています。配膳する際には、食事の温度にも工夫しましょう。