介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 食べる・飲む > 食事に最適なギャッジの角度は?

食べる・飲む

食事に最適なギャッジの角度は?

ベッド上で食事を摂る際には、安定した座位を取ってもらうことで、高齢者が食事へ集中できるようになります。またそれだけではなく、正しい座位は誤嚥性肺炎の防止にも繋がります。

食事を摂る際、ギャッジはなるべくアップするに越したことはありません。しかし相手の状態によっては、角度をつけ過ぎることで左右に傾いてしまうことがあるので注意が必要です。そうした場合には、クッションや丸めたタオルなどで両側の体幹を保持し、姿勢を安定させます。また、顎が上を向いた状態になると誤嚥しやすいことから、頭部が少し前傾するように枕をあてる等の工夫が必要となります。